血液透析についてはこちらをご覧ください

腹膜透析

当院の特徴

院長(※)は昭和58年に国内で腹膜透析が導入される以前からCAPDに取り組んできました。CAPD診療歴30年以上の実績から、CAPDのあらゆる手術や管理に対応します。
※神奈川県CAPD研究会代表世話人

腹膜透析とは

腹膜透析(Continuous Ambulatory Peritoneal Dialysis:CAPD)は、在宅で行う透析療法で、通院は月に1~2回程度です。 自分の体の中の「腹膜」を利用して血液をきれいにします。

日中に数回透析液バッグを交換しますが、寝ている間に器械を使って自動的に行う方法(APD)もあります。 血液透析と比べて、導入後も残っている腎機能を長く保つことができ、尿がでなくなる時期を遅らせることができます。

また、CAPDは在宅治療が基本となるので、月に1〜2回の通院で治療を行うことができ、透析液の交換以外は今まで通りの生活を続けることができ、通学、就労、家事、旅行などが可能です。

受付時間

受付時間
午前8:30〜11:45
午後2:00〜 4:15手術○/手術超音波手術手術超音波
休診日:日曜・祝祭日、土曜は2回/月 診察

交通アクセス

電車
小田急線「新百合ヶ丘駅」北口より徒歩約5分
田園都市線「たまプラーザ」「あざみ野」駅からバスが出ています。

バス
バス停は「新百合ヶ丘駅」よりも「麻生スポーツセンター入口」の方が近く便利です。


お車
新百合21ビル地下駐車場をご利用頂けます。診察終了会計時に駐車券をご提示下さい。
最大90分のサービス券をお渡し致します。


所在地